ゲリラ豪雨の名前の由来はなに?どういう雨がゲリラ豪雨なの?

たまに天気予報で「ゲリラ豪雨が発生する可能性が高いです!」なんて聞いたことがありますよね?

いつからゲリラ豪雨という名前の由来はなに?

どういう雨をゲリラ豪雨と言うんだろう?

集中豪雨との違いは?

と、いくつか謎が出たので調べてみました。

スポンサーリンク
レクタングル大 336×280

ゲリラ豪雨の名前の由来はなに?

大気が不安定な状態で、突発的で短時間に狭い地域で大量に降る雨を、奇襲を行うゲリラにたとえた語として誕生した、と言われています。

2008年の夏頃から使われだして、2008年には新語・流行語大賞トップ10に選出されている言葉なんです。

このゲリラ豪雨という言葉は、一部のマスコミなどで使用されていますが、正式な気象用語としては使われていないのです。

ゲリラ豪雨ってどんな雨?

ゲリラ豪雨は10キロメートル四方くらいの狭い地域に降る豪雨で、時間雨量が50mmを超えるほど。

気象庁のコンピュータでは予測できなかった雨なんです。

時間は短時間で、長くても一時間くらいです。

ゲリラ豪雨に遭遇すると、洋服ごとお風呂に入ったかのように全身水浸しになりますよね(>_<)

ゲリラ豪雨と集中豪雨の違いは?

ゲリラ豪雨は短時間で雨量が50㎜を超えるくらいでしたが、集中豪雨は数時間にわたって降り続きます。

雨量は100mmから数百mmほどです。

前線や低気圧、台風などに伴う集中豪雨に比べると、ゲリラ豪雨は事前に予測することがむずかしいと言われています。

ゲリラ豪雨を予測するアプリ「ゲリラ雷雨アラーム」とは

ゲリラ豪雨はいつ来るのか、予測がむずかしいと言われていますが、ゲリラ豪雨の被害を少なくする便利なものが登場していますよヽ(^o^)丿

それはスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」

ウェザーニュースタッチで「ゲリラ豪雨アラーム」を登録するのですが、「ゲリラ雷雨アラーム」は、ゲリラ豪雨の危険性がある場合、居場所に合わせて事前にPUSH通知でお知らせするという嬉しいサービスです。

過去の実績では、予測が困難なゲリラ豪雨を90%予測し、全国平均で59分前までに通知することができているという優れもの。

出典:weathernews

ゲリラ豪雨の危険な地域が、ひと目でわかりますよ!

【ゲリラ豪雨アラームの登録方法】

スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」をダウンロード後、「ゲリラ雷雨Ch.」にアクセスしてくださいね^^

スポンサーリンク
レクタングル大 336×280
レクタングル大 336×280

シェアする

フォローする