喪中はがきの印刷ならネットスクウェア。今なら割引印刷実施中!

スポンサーリンク
記事内にプロモーションが含まれています。

その年に近親者に不幸があった場合、「悲しみが深くて新年を祝う気持ちになれないので、新年のご挨拶は失礼します」ということを事前にお知らせするのが喪中はがきで、年賀欠礼状といいます。

喪中はがきはデザインがおしゃれなものからスタンダードなものまで、さまざまなものが数多く揃っていますので、お好みのデザインが選べます。

文面を考えるのもよくわからない、という場合は、こちらの喪中はがきの印刷を頼むのもいいと思いますよ。

>おしゃれな喪中はがき印刷はこちら

 

喪中

 

スポンサーリンク

喪中はがきはいつまでに出せばいいの?

喪中はがきを出す期間は、年賀状の準備にとりかかる前の、11月中旬から12月初旬までに届くように出すのが一般的です。

いくら早めに出した方がいいとはいえ、9月や10月頃に出してしまうと相手が喪中だということを忘れたりしますので、あまり早く出さずに11月初旬までは待った方がいいですね。

 

12月に亡くなった場合、喪中はがきはどうしたらいい?

12月初旬でしたら喪中はがきを出しても間に合いますが、中旬に亡くなると間に合いません。

その場合は、年末で忙しいと思いますし準備する余裕がなければ、寒中見舞いで年賀状欠礼の挨拶として出してもいいでしょう。

 

喪中はがきを出す人はどこまで?

これは必ず誰に出さないといけない、ということはありません。

基本は普段年賀状のやり取りをしている人、という考えでいいでしょう。

年賀状のやり取りがない人から、いきなり喪中はがきが届いても、相手も驚くでしょう。

喪中はがきは、「年賀状を出す心境ではありませんので失礼します」ということですので、普段から関りがある人に出すものです。

 

おしゃれな喪中はがきの印刷はネットで注文!

早期に申し込めば、早期割引でかなり安く印刷を注文することができます。

ネットスクウェア喪中はがき注文サイトでは、170点以上のデザインがありますよ。

上品な定番のデザインからモダンな横書きデザイン・薄墨文字のデザインまで多数あります。

 

ネットスクウェアの印刷サービス

・パソコン、スマホから簡単にご注文いただけます。

期間限定セールで料金が格安です。

枚数、合計金額に関わらず送料無料でお届けします。

・郵便はがき「胡蝶蘭(¥62)」に印刷します。

・17:00までのご注文分は、翌々営業日に出荷をします。

 

>喪中はがき印刷を割引料金で申し込む

 

喪中

 

 

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました